休み方がわからない!リフレッシュするために必要なこととは?

中小企業診断士とスキルアップ

疲れているのに休息の仕方が分からず、疲労が蓄積して悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

  • 休み方が分からない
  • 仕事が頭をよぎり、かえって休まらない
  • 自分に合ったリフレッシュ法を見つけたい

疲労の蓄積をそのままにしておくと、慢性疲労に繋がり、大きな病気に繋がってしまう可能性があります

本記事では以下のことが分かります。

  • 休み方が分からない人の特徴
  • 休むことが必要な理由
  • 自分に合ったリフレッシュ法の見つけ方
  • しっかりと休みをとるための注意点

この記事を読めば、休み方が分からない人が、自分に合ったリフレッシュ法を見つける第一歩を踏み出すことができます。

「休み方が分からない」人の特徴とは?

休み方がわからない人は、以下のような特徴があります。

休み方がわからない人は責任感が強い

休み方が分からない人の性格には下記のような共通点があります。

  • 責任感が強い
  • 真面目
  • 頑張り屋
  • 使命感がある
  • 休むことで迷惑をかける、罪悪感がある

このような性格から体調が悪くても仕事を優先し、自分のことは後回しになってしまう傾向があります。正義感があり、何事にも一生懸命な性格は長所であるとされることが多いので、いきなり考え方を変えるのは難しいのが現状です。

休み方がわからない人は仕事に完璧を求める

休み方が分からない人は、完璧主義な人にも多いです。完璧を求める気持ちの背景には、休むことで周りに差をつけられてしまう不安や恐怖、焦りが隠れている場合があります。

常に忙しく何かを考えている状態で、オンオフの切り替えが上手くできない人も多いでしょう。

 しっかり休むことが必要な理由

休み方がわからなかったとしても、休みをしっかり取らないことには大きなデメリットがあります。ここでは、しっかり休むことが必要な理由を紹介します。

仕事のパフォーマンスが向上する

疲労を回復することで集中力を上げ仕事効率を高めることができるため、休息を取ることで仕事のパフォーマンスの向上が可能です。

休息を取ることによる仕事への効果は、他にも気持ちにゆとりが生まれ自信がつく、職場の人間関係構築を円滑にするといったメリットがあります。

毎日のリフレッシュが仕事にいい成果を発揮し、キャリア形成に繋がります。休むことで、自分の良さを最大限に引き出せるのです。

慢性疲労によるリスクが顕在化する

「疲れているのは自分だけじゃない」とつい無理を繰り返していませんか?疲労の蓄積は、結果的に身体のあらゆるところに症状が出現し、病気になるリスクが上がります。

  • 記憶力の低下、判断力の低下、易怒性
  • 寝付けない、ぐっすり眠れない。
  • 食欲が出ない、食事が美味しいと感じない。
  • 動悸、息切れ、耳鳴り

休みを取らないと、このような症状が慢性的に起こる可能性があります。更に、生活習慣病やうつ病、認知症の引き金にもなるため注意が必要です。

自分に合ったリフレッシュ法を探そう!今から始める3選!

ここでは、リフレッシュ方法を探すための3選を紹介します。

休むべきサイン(特徴)を知る

疲れた時に現れる身体症状の特徴を自分で知っておくことは、とても大切です。なぜなら、体からのSOSに早期に気付くことで心身の疲労回復に結びつけることができます。

休みを取るべき時のサインの例としては、以下の項目が挙げられます。

  • 睡眠リズムの変化
  • 疲労感
  • 食欲増進、減退、体重の変化
  • ミスが増える
  • 身だしなみの変化

自分が休むべきサインを見過ごさないことは大事です。休み方が分からない人は特に、疲労が蓄積されているにも関わらず、頑張りすぎている自分に気付かずに過ごしていることが多いです。

こまめにセルフモニタリングを行い、休息の時間を設けましょう。

休息をルーティーン化する

休息をルーティーン化することで、疲労蓄積を防ぐことができます。疲労をその日のうちに解消することで、明日への活力にできるからです。短時間から始められる習慣の例としては、以下の項目が挙げられます。

  • 浴槽にに浸かる
  • ストレッチ、呼吸法、瞑想、仮眠
  • 音楽、アロマ

休息をスケジュールの一つとしてルーティーン化することは、疲労回復を実現するための効果的な手段です。疲労を溜め込まないためにも、休息をルーティーン化し、定期的に取る工夫を始めてみましょう。

新たに趣味を探してみる

趣味を持つと、お金や時間がかかると感じる人もいるでしょう。日々、仕事で忙しい人にとっては、今から趣味を見つけようとする気持ちになれないのも無理はありません。しかし、忙しい人に趣味がもたらしてくれるメリットは以下のように多くあります。

  • 感情表現ができ、ストレス発散ができる
  • 人脈を広げられる
  • 仕事を忘れる時間ができ、生活にメリハリがつく
  • 生きがいに繋がる

このようなメリットがあっても、実際に趣味を始めても継続が難しいと感じ、行動に踏み出せない方もいると思います。そんな方には、手軽に始められる運動(ウォーキング・ジョギング)、読書や音楽鑑賞などから始めてみるといいでしょう。

自分らしい趣味を見つけるためにも、まずは関心を持った趣味から行動に移してみてはいかがでしょうか?

しっかりと休みを取るための注意点

しっかりと休息を取るためには、以下のような点に注意する必要があります。休んでいるつもりでも、実は休息が取れていない場合があるため注意しましょう。

バランスのとれた休息をとる

疲れに合わせて休息の方法を選ぶことは大切です。休息の方法を体のコンディションに合わせることで、休息の効果を最大限にできるからです。休息の取り方は大きく2つあります。

  • 積極的休養: ウォーキングやストレッチなど、軽く体を動かす
  • 消極的休養:睡眠や音楽など、ゆっくり過ごして体を休める

疲れを溜め込まないためにも、こまめにバランス良く組み合わせて休養を取っていきましょう。

脳をしっかりと休める

休みを取っているにも関わらずスッキリしない原因は、脳が疲れている可能性があります。普段の何気ない行動が脳に疲れを引き起こしているからです。脳の休息のために必要なことは下記の通りです。

  • 起床と就寝の時間を揃える
  • 寝室を暗く、静かな環境にする
  • 30分以内の昼寝をする
  • スマホから離れる時間を作る

これらを実践することで、脳を休めることができます。休む時間の確保も大切ですが、日々の習慣や休む時間の過ごし方(質)を見直すこともポイントです。

仕事に活かす知識を効率よく得る方法

今回紹介したような仕事をする上での悩みの解消、さらに仕事に活かせる知識を体系的に効率よく得るためには、資格試験向けの教材を活用するのが効果的です。

私は、中小企業診断士という国家資格の勉強を始めたことで、経験で何となく理解していた情報の歴史や理論を把握することができ、選択肢を広げることができました。

社内での評価も高まり、予定より1年早く昇格に繋がり、中小企業診断士の一部の内容を講座形式で社内教育にした結果、チームメンバーの能力も高まっています。

実際に試験を受けない場合にはあまり費用をかけられないかもしれませんが、私が購入した診断士ゼミナールは5万円程度で受講が可能です。

少し高いなと感じるかもしれませんが、社内での評価が高まることで仕事がしやすくなり、金銭面でも1年早く昇格したり、賞与の査定が1段階高くなれば十分元が取れるのではないでしょうか?

私が受講したもの以外にも、5万円程度で受講できるおすすめの講座を以下に紹介しますので、ぜひご活用ください。

オススメの中小企業診断士 通信講座

オススメNo.1:スタディング
全体を俯瞰できる学習マップが勉強に効果的。専用のスマホアプリで隙間時間を有効活用することで合格を!

オススメNo.2:診断士ゼミナール
コスパ抜群で、イラストが多くわかりやすい動画講義がおすすめ!ダウンロード可能で屋外でもギガを気にせず勉強できる。

オススメNo.3:アガルートアカデミー
フルカラーのテキストと単元ごとの動画講義がわかりやすい!さまざまな割引制度も充実。

オススメNo.1,2の比較記事はこちら!⇒スタディングと診断士ゼミナールの比較

まとめ

仕事に尽力するあまり、自分の疲労に感心を向けられないことがあります。疲れが限界に達した先にある健康への弊害は大きいので、生活の中に適度な休息は不可欠です。

ご紹介した内容は、リフレッシュ法をこれから見つける際に、手軽で簡単に始められるものをまとめました。ぜひ、今から試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました